狭心症患者さんへの応援サイト

動脈硬化や心筋梗塞など、狭心症による病気に対する知識を深めて頂き、より良い生活を送るための応援サイトです。

ハートを持つ医者

狭心症のランキングと眼底検査とは

心臓の栄養血管である冠動脈の血流が不足することにより、心筋が酸素不足になってしまうことがあるのですが、それによって狭心症の痛みが発生してしまうこともあります。これは動脈硬化によって生じた冠動脈の狭窄が血流を障害することが主な原因です。しかし、たいした動脈硬化がないにもかかわらず、冠動脈が収縮を起こしてしまうこともあります。狭心症は労作時に起こることが多く、運動した時や興奮した時などに胸の中央部が締め付けられるような圧迫感が出てきます。少し休むと治まってしまうという特徴があるのですが、痛みは左肩や腕、顎まで広がってしまうこともあります。痛みの場所はあまりはっきりしないことが一般的であり、症状の持続時間は数十秒から数分程度となっています。狭心症のもともとの原因は動脈硬化であることが多く、一度動脈硬化が起きると完全に元に戻すことはできません。そこで動脈硬化がこれ以上進行しないように気をつけることが大切なのですが、まずは高血圧や高脂血症、糖尿病などを治療し、禁煙や体重増加の抑制、適度な運動などを行っていくことになります。狭心症の治療を受けたいという場合、病院のランキングなどをチェックしてみると良いでしょう。ランキングで人気の高い病院なら安心して治療に通うことができます。また、ランキングだけでなく口コミなどを掲載しているサイトもあるため、病院を選ぶ際の参考にするのもオススメです。眼底検査とは瞳孔を通じて眼球内の網膜や視神経乳頭などを検査することであり、細隙灯顕微鏡や直像鏡、眼底カメラなどを使うことになります。眼底検査は網膜硝子体疾患や視神経疾患の診断・診察に有用な検査となっており、眼底は直接的に血管を観察できる場所であるため、眼科領域だけでなく高血圧症や糖尿病などの内科疾患に関しても重要な検査とされています。