狭心症患者さんへの応援サイト

動脈硬化や心筋梗塞など、狭心症による病気に対する知識を深めて頂き、より良い生活を送るための応援サイトです。

ハートを持つ医者

狭心症から発展する様々な病気

狭心症とは、心臓の血管が詰まったり硬化を起こす症状のことです。
原因としては、生活習慣や老化によるコレステロール、中性脂肪の蓄積によるものとされています。
狭心症は様々な病気に発展することがあり、死亡のリスクもあるため、緊急の処置が必要とされています。
狭心症の原因となる要素としては、喫煙、肥満、ストレスなどがあり、高血圧、糖尿病、高血圧などの弊害で発症する場合もありますが、一般的には成人病や生活習慣病と同じ危険因子が原因とされています。
狭心症にも種類があり、急に運動したときや温度差があるときに発生する労作性狭心症、定期的に発症し、比較的軽度な安定狭心症、突発的に発症し、重篤な動脈硬化とも関連するとされる不安定狭心症などがあります。
また、狭心症から発展する様々な病気があります。
狭心症はメタボリックシンドロームの仲間として考えられており、心筋梗塞に発展したり、血栓症や高脂血症を発症している可能性もあります。
狭心症が回復したとしても、心筋梗塞になった場合は心臓の細胞が壊死しているため、後遺症が残り、ペースメーカを装着する必要もでてきます。
糖尿や高血圧なども症状の悪化につながります。
狭心症を予防するには、動物性脂肪や中性脂肪を減らしたり、ビタミンCを多く含む食品を摂取することが効果的とされています。